Recruit

ハムさん

スタッフインタビュー

竹田 和紀

デザイン制作部インターメディア開発室
デザイナー・ディレクター
>> 教育コンテンツ制作実績ページを見る

竹田 和紀
どのような仕事をしていますか?
教育に関わるアプリやwebサイトの開発、アニメーションや書籍制作を行っています。
仕事をする上で大切にしていることは?
「分かりやすさ」と「たのしさ」を大切にしています。
特に「分かりやすさ」については、制作を進める中で目が慣れてきてしまい、鈍感になってしまうこともあります。
そのため、初めて見る人の気持ちを常に意識して仕事をしています。
この業界に入った理由は?
昔から絵が好きだったので、絵やデザインでご飯を食べていきたいと思ったことがきっかけでした。
また、学生時代はちょうどPCが家庭に普及してきた時期でした。 その時に趣味でWEBサイトを作ってみたのですが、「暗号みたいなHTMLがブラウザに入れた時にこういう風に変換されるのか!」ととても感動しました。その延長線上に今の仕事があります。
職場の方たちはどんな人?
好奇心が強かったり、自分の好きな物をハッキリと持っている方が多いです。
竹田 和紀
工画堂スタジオでの思い出深いエピソードは?
全然知らない人が、自分がかかわったサイトを見ていたり本をもっていることを知ったとき、「自分が生み出したものが社会の中に息づいてる」と実感して感動しました。
また、制作にかかわった方たちが喜んでくださったときとても嬉しいです。2016年に弊社の100周年記念パーティーがあったのですが、そのときにこれまで制作にかかわった多くの方が来てくださいました。その光景を見て、今までも先輩方が同じ想いで仕事をしていて、その繋がりが今目の前にあるのだなあと思いました。
休日の過ごし方は?
休日は、舞台やライブを観に行ったり、旅行に行きます。
科学も好きなので、科学サークルに行って学んだり遊んだりもしています。
仕事をするうえでの目標は?
自分1人の力では限界があるので、いろいろな人と連携を取りながら、より良いコンテンツを作って行きたいと思っています。
今後どんなことをしていきたいですか?
普段の業務の中で、他のチームと連携して制作する機会が少ないので、これからはそういった仕事をしたいと思います。
また、自社の教育アプリ開発をしたいと考えています。